http://moneynabi.com/ マンションオーナーのデメリット
マンションオーナーのデメリット

マンションオーナーのデメリット

マンションオーナーのデメリット

マンションオーナーのは成功すれば、儲かる事は可能ですが、デメリットも多く存在します。
ですので、マンションオーナーのデメリット少し紹介したいと思います。
マンションオーナーを経営する上でのデメリットの一つは、空室状態です。
ご自身が貸し出している物件に対して、空室状態が続けば、収入が入ってこない上に、ご自身でご負担する必要がありますので、オーナーとして空室状態は避ける必要があります。
そして、空室状態を避ける為にも、不動産へご依頼などを行い、仲介を行なってもらう事で、入居者を探す事もできるのですが、不動産にご依頼する場合は、仲介料なども発生しますので、空室を免れる為にも、それなりの資金の出費が増える事は間違いないでしょう。

マンションオーナーの税金のデメリット

マンションオーナーを行なう上で避けられないのが、固定資産税という税金です。
日頃からお支払いしている所得税や住民税の他に、追加で税金を支払わなくてはなりませんので、支払いが多くなってしまうのも現実で。資金や収入が安定していなければ、とてもデメリット性が強くなります。
支払いが続くと、日々の生活にも影響がでますので、できるだけ、安定した生活を送る為の資金作りが大切です。

マンションオーナーの副業に関してのデメリット

マンションオーナーを会社員を行ないながら、副業として、行なっていく上でのデメリットを紹介
まず、マンションオーナーを、副業として行なうならば、不動産などに仲介していただく必要があり、仲介をしていただく際も、仲介手数料を支払わなくてはならないので、手数料分の計算もしておく事。
そして、不動産には沢山の方が物件を見にきますので、いつ、入居希望者が、ご自身が保有している物件を気にってくれるかわかりません。
不動産は、入居希望者の希望するタイミングで、お電話などの問い合わせを行ないますので、会社勤めの内も、電話に出れる時間帯がなければ、せっかくのチャンスを逃してしまう事も多く存在します。
なので、仲介して頂く際も、電話に出れる時間帯や、支払いに関しての資金が必要。
とにかく空室状況を埋める為には、それなりの労力が必要になるので、メンタル面的も疲れるデメリットもあります。

入居者の信用性

マンションオーナーとして、賃貸を貸し出す際には、相手の入居者と当たる方の信用性も大事です。
相手の方にきちんとした支払い能力があるのか、もしくは、相手の方のお仕事の状態などなど、様々な場面で相手の事をリサーチする必要があるので、それなりの知識や、やり取りの時間が必要になります。
万が一、あまり支払い能力がない方を入居させてしまうと、家賃の滞納や、支払いをせずにいなくなってしまうケースもありますので、不動産の方にきちんとした入居者なのかどうかの審査を行なってもらう必要があります。

意外と儲かる副業ランキング
1位バイナリーオプション(外為取引)1000円程度の資金で投資が可能
2位FX(外為取引)低予算での長期的投資が可能
3位アフィリエイト無料で始める副業として人気
4位ソーシャルレンディング個人で企業に資金の貸付が可能
5位ドロップシッピング自分で在庫を抱えずショップが持てる?